メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

あしたをささえる/6 貧困の連鎖、断ち切れ

打ち合わせをする眞山さん(左)と内田企画幹(奥)=埼玉県庁で

 <document>

 8月上旬、さいたま市の公認会計士、眞山徳人さん(37)が埼玉県庁を訪れた。向かった先は福祉部の一室。県の学習支援事業「アスポート」のジュニア教室(小学3~6年生が対象)で、自身が執筆したお金の教科書「ぼくらの夢がかなう! おこづかいのヒミツ」を教材にして授業をするための打ち合わせだった。

 相手は、福祉部の内田貴之企画幹(46)と、アスポートの教室運営を受託するさいたま市の一般社団法人「…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです