メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

強制不妊 救済案 理念、手法に隔たり 与党、訴訟の前例踏襲

過去の裁判での国の「謝罪・おわび」例

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らを救済する議員立法は、与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連の方針がほぼ一致し、来年の通常国会への法案提出に向けた動きが本格化する。だが、同法の違憲性を認めるよう求めている国家賠償訴訟の原告側とは、依然として意見の隔たりがある。全面解決に至るには、この溝を埋められるかどうかが鍵になる。

 「法律を作った当時は背景があったのだろうが、今の人権意識からすると明確に国は手術を受けた方に被害を…

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1964文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです