メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

社民政党の衰退/自動車課税の対立/京大吉田寮退去通告

「メルケルが我々を滅ぼす」と書かれた横断幕を掲げ、難民受け入れ政策を批判するAfD支持者=ベルリンで2018年5月27日、中西啓介撮影

 欧州で社会民主主義政党の退潮、ポピュリズム政党の台頭が続く。吉田徹氏はその実態を踏まえ社民主義の課題を論じた。井手英策氏は自動車課税に関連して公正な税負担のあり方を、石原俊氏は京都大の廃寮問題から大学自治の危機を指摘した。

 ◆社民政党の衰退

二極対立を乗り越えよ 吉田徹

 10月14日に行われた独バイエルン州議会選挙では、連邦政府の連立与党である保守、キリスト教社会同盟(CSU)が10ポイント以上得票率を減らし、「歴史的大敗」を喫した。比較第1党の地位は死守したものの、2000年代後半の一時期を除いて戦後一貫して同党が多数派を形成してきた「保守の牙城」バイエルンでの凋落(ちょうらく)は明らかだ。同州議会選挙が重要なのは、連邦制をとるドイツ上院は州政府代表が集う場であり、かつ同州の経済でのウエートが高いためだ(スウェーデンとほぼ同等のGDP=域内総生産)。28日のヘッセン州議会選挙でも与党キリスト教民主同盟(CDU)が議席減、メルケル首相が党首辞任を表明した。

 ブレニングが指摘するように、17年に連邦議会に初進出を果たした極右「ドイツのための選択肢」(AfD…

この記事は有料記事です。

残り4118文字(全文4602文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです