メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 緩和の副作用に苦慮 金融機関の収益悪化

 日銀は31日開いた金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0・1%、長期金利(10年物国債利回り)を0%程度とする現行の超低金利政策の継続を決めた。同時に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、2018~20年度の物価上昇率の見通しを前回7月に続いて下方修正し、目標の2%は一段と遠のいた。緩和長期化で金融機関の収益が悪化するなど副作用は膨らむ一方で、日銀は対応に苦慮している。【坂井隆之】

 13年4月に始まった大規模金融緩和が5年半に及ぶ中、超低金利で貸し出し利ざやが稼げない金融機関は、…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1670文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです