特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-稲葉陽八段 第18局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

気が進まない

 棋士控室では村田智弘六段と星野良生四段が図の局面を検討していた。[先]7五同歩に[後]7六歩や[後]5五角などが継ぎ盤に並ぶ。そんな中、新人王戦に優勝した藤井聡太七段が顔を出し、周囲から祝福の声があがった。続いて記録係が藤井七段が手を付けなかったおやつのケーキを持ってきたが、藤井七段は「どうぞどうぞ」と譲っていた。

 準優勝の出口若武三段は井上慶太九段門下で、稲葉の弟弟子。出口三段も控室に来ており、さっきまで盤を挟んだ藤井とも楽しそうに話していた。ただ将棋の内容が一方的だったため、井上九段からは愛のムチ。「羽生さんを4階に行かす将棋やなかったなあ」

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文628文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集