メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「喫煙不採用」徐々に浸透

IT企業「カヤック」が運営する全面禁煙の「まちの社員食堂」で食事するカヤックの社員ら。左手前が田中利奈さん=神奈川県鎌倉市で、斎藤義彦撮影

 受動喫煙防止の機運が高まる中、喫煙者を採用しない企業が少数ながら徐々に増えている。ただ、受動喫煙防止や健康経営は重視するものの、採用段階で喫煙者を除外すれば門戸を狭めることにもなるため大半の企業にためらいがあるようだ。

 ●価値観が明確に

 神奈川県鎌倉市の鎌倉駅からほど近い一軒家にカレーの香りが立ち込める。正午を過ぎると次々と客が訪れる。地元のIT企業「カヤック」(従業員332人)が運営し、市内に拠点を置く約30社が会員になっている共同の「まちの社員食堂」だ。テラスも含めて全面禁煙になっている。カヤックは採用のホームページで「禁煙企業で、原則として喫煙者は採用しない」と宣言している。社員食堂に仲間と来ていた同社の田中利奈さん(37)は学生時代に吸っていたが、就職活動時は禁煙していたので「気にならなかった」と振り返る。

 「面白法人」を名乗るカヤックは給与額の一部をサイコロを振って決めるなどユニークな運営で知られる。2006年に禁煙企業にしたのも社員合宿で「たばこ嫌だよね」という話になり「何となく決まった」。採用で困ったことはなく「企業の価値観が明確になって良かった」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです