メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

科学者としての天皇陛下 ハゼの分類法提案、新種発見も

研究者としての歩み

 来年4月末に退位される天皇陛下は、ハゼの分類を専門とする研究者としても知られる。豪州の研究者らが陛下の名にちなみ、新種に「エクシリアス・アキヒト」という学名を付けたほど、研究は海外でも高く評価されている。科学者としての陛下の歩みを紹介する。【荒木涼子】

 ●精密さと広い視野

 10月6日午後、東京都内であった日本魚類学会の研究発表会。100人を超える聴講者のいる会場に天皇陛下は静かに入室し約30分、研究者2人の発表に聴き入った。その後、最近出版された魚類の百科事典を紹介されると、「(魚を)選ぶのは大変だったことでしょう。研究は進んでいますから」と編集者をねぎらった。

 陛下が同学会の会員として、学会誌にハゼに関する論文を初めて発表したのは、皇太子時代の1963年。染…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです