メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

科学者としての天皇陛下 ハゼの分類法提案、新種発見も

研究者としての歩み

 来年4月末に退位される天皇陛下は、ハゼの分類を専門とする研究者としても知られる。豪州の研究者らが陛下の名にちなみ、新種に「エクシリアス・アキヒト」という学名を付けたほど、研究は海外でも高く評価されている。科学者としての陛下の歩みを紹介する。【荒木涼子】

 ●精密さと広い視野

 10月6日午後、東京都内であった日本魚類学会の研究発表会。100人を超える聴講者のいる会場に天皇陛下は静かに入室し約30分、研究者2人の発表に聴き入った。その後、最近出版された魚類の百科事典を紹介されると、「(魚を)選ぶのは大変だったことでしょう。研究は進んでいますから」と編集者をねぎらった。

 陛下が同学会の会員として、学会誌にハゼに関する論文を初めて発表したのは、皇太子時代の1963年。染…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです