メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
科学の森

科学者としての天皇陛下 ハゼの分類法提案、新種発見も

研究者としての歩み

 来年4月末に退位される天皇陛下は、ハゼの分類を専門とする研究者としても知られる。豪州の研究者らが陛下の名にちなみ、新種に「エクシリアス・アキヒト」という学名を付けたほど、研究は海外でも高く評価されている。科学者としての陛下の歩みを紹介する。【荒木涼子】

 ●精密さと広い視野

 10月6日午後、東京都内であった日本魚類学会の研究発表会。100人を超える聴講者のいる会場に天皇陛下は静かに入室し約30分、研究者2人の発表に聴き入った。その後、最近出版された魚類の百科事典を紹介されると、「(魚を)選ぶのは大変だったことでしょう。研究は進んでいますから」と編集者をねぎらった。

 陛下が同学会の会員として、学会誌にハゼに関する論文を初めて発表したのは、皇太子時代の1963年。染…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです