メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 日本男子 個人総合メダルなし 萱6位、白井7位

 【ドーハ共同】体操の世界選手権は31日、ドーハで男子個人総合決勝が行われ、萱和磨(順大)が6種目合計84・765点の6位、白井健三(日体大)が84・531点の7位でメダルなしに終わった。

ニッポンの伝統、23年ぶり途切れ

 昨年と同じ内村不在の男子個人総合決勝。白井は2大会連続表彰台の期待に応えられなかった。萱も及ばず、日本が派遣を中止した2001年大会を除き、出場した世界選手権で1995年大会以来23年ぶりのメダルなし。全6種…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです