メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野薬品

オプジーボ開発、他社やらぬものを 相良社長

インタビューに答える小野薬品工業の相良暁社長=大阪市中央区で2018年10月31日、猪飼健史撮影

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授との研究を基にがん治療薬「オプジーボ」を開発した小野薬品工業の相良暁社長が31日、毎日新聞の取材に応じ、「研究に携わることができ、(その成果を)我々が患者に届けられる巡り合わせに感謝している」と話し、本庶氏への謝意を示した。

 同社は、本庶氏らが免疫細胞の表面にあるたんぱく質「PD-1」が免疫のブレーキ役になっていることを発見した成果を基に、オプジーボを開発し、販売している。薬は本庶氏と特許を共同保有し、同社の業績も支える。

 同社は当初、がん領域の創薬経験がないうえ、中堅メーカーであることから開発に乗り出すまで時間を要した…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです