メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

ペンタとニック/1

ペンタとニック 1

[PR]

 <広げよう おはなしの輪>

    ぶん 風野潮(かぜの・うしお)  吉田尚令(よしだ・ひさのり)

     いちまいのポスターを、でんしんばしらろうとしていたときだった。

    やまなかくん。そんなとこでなにしてるん?」

     かぼそいこえこえて、ぼくはうしろをふりかえった。

     そこにいたのは、おなろくねんさんくみやすかわあゆむ

     しゅっせきばんごういちばんちがいで、おなじ「や」からはじまるまえってがいに、とくきょうつうてんはない。

     ぼくはひるやすみやほうにはそとはしまわるタイプだけど、あゆむきょうしつほんんでるようなタイプだから、いっしょあそんだことがない。

    けんくんのネコ、おらへんようになったん?」

     あゆむは、ぼくのもとをのぞきこんで、そうたずねた。

     ぼくがっているのは、『ネコをさがしています!』とおおきないたポスター。

     だから、そう尋ねられるのもとうぜんなんだけど、なぜだかムカついてしまった。 

    「ただのネコちゃう。ニックは、おとうとみたいなもんなんや」

     そや、ニックをただのネコといっしょにすんな。

     ねんまえあめこうえんてられていたちいさなちゃいろのトラネコをひろってかえったとき、ママのたい調ちょうくないころだったので、たぶんったらあかんってわれるとおもった。

     だけどパパは「ペンタのおとうとやとおもってだいそだてるんやったら、ってもええで」とってくれた。

     あ、「ペンタ」うのはほんのあかちゃんのころ、ぶんのことを「けんた」といえなくて「ぺんた」ってうてたことを、パパとママがいまだにからかってんでくるあだのこと。

     それから、よくパパが「ペンタトニック!」って、なんかのヒーローのめぜりふみたいにさけんでたので、そこからネコのまえは「ニック」になった。

     なんか、パパがしゅいてるギターのおんかいまえらしい。ようらんけど。

     とにかく、ニックはただのネコとちゃう。

     ぼくのおとうとみたいなもんなんや。

     フン! ってはないきあらくにらみつけていたのに、あゆむわりへいかおしてた。

    「ネコ……ニックくんやっけ? ほんでさがすんやったら、そんなざつなポスターじゃやとおもうなぁ」


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです