メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

末松廃寺跡

笑顔の天女、ふわりスカート 9世紀の線刻 石川

天女とみられる女性が線で描かれた「瓦塔」の一部=石川県野々市市で、久木田照子撮影

 石川県野々市市の末松廃寺(すえまつはいじ)跡(国史跡)から、女性の姿が描かれた9世紀ごろの焼き物の塔「瓦塔(がとう)」の一部が見つかった。市教委が31日発表した。弥勒(みろく)菩薩(ぼさつ)に仕える天女とみられる。市教委によると、瓦塔はこれまで全国で約250例確認されているが、絵が描かれたものは初めて。

 末松廃寺は白鳳時代の670年ごろに建てられた北陸最古級の寺で、8世紀中ごろ以降に建て直された。瓦塔…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです