メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 与党WT救済案 「もっと意見聞いて」 被害者ら対象拡大求める

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済策を検討している政府・与党のワーキングチーム(WT)が31日にまとめた救済法案の基本方針は、被害者側の希望とは大きな隔たりがある内容となった。家族や支援団体からは「当事者の意見やアイデアにもっと耳を傾け、想像力を働かせて」などと提言や要望が相次いだ。【清水晃平、平川昌範、日下部元美、岩崎誠、遠藤大志】

 「国家賠償訴訟の被告でもある厚生労働相がトップの機関で審査の独立性が担保されるのか」。10歳ごろに…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1060文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです