メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
講演

「研究不正」どう防ぐ 黒木東京大名誉教授が語る

過度の成果主義を見直し、自由に意見を述べられる「心理学的な安心」が研究不正防止に必要と語る黒木登志夫・東京大名誉教授=京都市上京区の同志社大学で、菅沼舞撮影

 データ改ざんや論文盗用など科学者・研究者による「研究不正」を考える講演会が10月23日、京都市上京区の同志社大であった。関連の著書がある東京大名誉教授の黒木登志夫さんが、不正が相次いで起きる背景や防止策について語った。同志社大の「研究倫理向上ウイーク」(10月15日~11月2日)の一環。【菅沼舞】

 黒木さんによると、研究不正は(1)真実への背信(捏造(ねつぞう)、改ざん)(2)信頼への背信(盗用、非再現性、不適切な研究)(3)真実・信頼への背信による健康と生命への危険(生命倫理無視、生命・健康被害)に3分類できる。

 黒木さんは(1)について、STAP細胞論文問題を含む国内外の3例を挙げて共通点を分析。研究者は若く…

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1451文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです