メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山

パンダの赤ちゃんの身体測定 2カ月半で40倍超

体重測定をするジャイアントパンダの赤ちゃん=和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで2018年11月1日午前9時36分、猪飼健史撮影

 計量記念日の1日、和歌山県白浜町のレジャー施設・アドベンチャーワールドで、今夏生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの公開身体測定があった。

 8月14日の誕生時の体重はわずか75グラムで体長は15.5センチ。手のひらに納まるサイズで自力で母乳を飲むことができず、成長できるか危ぶまれる時期もあったが、飼育スタッフが24時間体制で見守り、最近は母親良浜(ラウヒン)(18歳)から1日数回お乳をもらって順調に育ち、前脚を踏ん張って上体を起こし、はうような動きを見せている。

 この日は飼育スタッフの両手に抱かれ、手足を元気にばたつかせながら体重計へ。3290グラムと2カ月半で40倍以上に増えた。体長は58センチだった。同園は「元気いっぱいの姿を見に来てください。成長を温かく見守ってほしい」と話している。

 母子一緒に過ごす姿を1日2回、ガラス越しに公開中。今月16日まで、赤ちゃんの名前をホームページなどで募集している。【藤田宰司】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです