京都・南座

再開場、顔見世始まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都・南座が再開場し幕を開けた吉例顔見世興行=京都市東山区で2018年11月1日午前10時37分、梅田麻衣子撮影
京都・南座が再開場し幕を開けた吉例顔見世興行=京都市東山区で2018年11月1日午前10時37分、梅田麻衣子撮影

 耐震改修のため2年9カ月休館していた京都・南座(京都市東山区)が1日、再開場し、吉例顔見世興行の幕が開けた。待ちわびていた歌舞伎ファンらが新しくなった観客席を埋め、華やかな舞台に盛大な拍手を送った。

 南座の顔見世は例年12月だが、今年は再開場を記念して11月からとなった。歌舞伎十八番の一つ「毛抜(け…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

注目の特集