メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む死海

2050年には半減も 人口増・気候変動原因

 中東の人気観光地で地上最も低い場所にある死海の面積が急激に縮小している。人口増加と気候変動の影響で主な水源であるヨルダン川から流れ込む水の量が減少しているためだ。現在の状況が続けば2050年には1960年と比べ、面積が半分になるとの試算も。対策が急務だが当事者間の調整が難航し、関係者は「貴重な遺産の危機」と懸念を募らせている。

 死海はイスラエルとヨルダンの国境地域に位置する塩水湖。ヨルダン川から流れ込んだ水が強烈な太陽光で蒸…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです