メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む死海

2050年には半減も 人口増・気候変動原因

 中東の人気観光地で地上最も低い場所にある死海の面積が急激に縮小している。人口増加と気候変動の影響で主な水源であるヨルダン川から流れ込む水の量が減少しているためだ。現在の状況が続けば2050年には1960年と比べ、面積が半分になるとの試算も。対策が急務だが当事者間の調整が難航し、関係者は「貴重な遺産の危機」と懸念を募らせている。

 死海はイスラエルとヨルダンの国境地域に位置する塩水湖。ヨルダン川から流れ込んだ水が強烈な太陽光で蒸…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  4. 京都府警 あおり運転、ヘリで監視 高速道、パトと連携
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです