メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの見守り

広がるIT活用 位置情報確認アプリなど

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で始まった。

 幼い2人の命が奪われた事件後、ITを活用して子どもの安全を守る取り組みが広がっている。

 大阪府箕面市は昨年度、IT会社「otta」(福岡市)の見守りシステムを本格導入した。全市立小中学校の約1万1000人に笛形の小型発信機を配布。学校や塾など市内の約700カ所に検知機を設置し、児童らが近くを通ると位置情報が分かる仕組みだ。

 システムは、専用のアプリを入れると、スマートフォンが検知機の代わりになるのが特徴。利用者が増えるほど検知範囲が広がり、市職員や教員、見守り活動をする市民らも協力している。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです