メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

日本代表が世界選手権に出発 マドリードで6日開幕

空手の世界選手権への出発前に、報道陣の求めに応じてポーズを取る(左から)3連覇が懸かる喜友名と清水、2連覇が懸かる植草と荒賀=共同

 6日にマドリードで開幕する空手の世界選手権に出場する日本代表が1日、出発前に羽田空港で取材に応じ、女子形で3連覇に挑む清水希容は「これまでの2大会よりも落ち着いている。うまく調整してピークに持っていきたい」と抱負を述べた。

     男子組手84キロ級で2連覇を目指す荒賀龍太郎は「好結果を出せばもっと空手を知ってもらえる。活躍してアピールしたい」と意気込んだ。

     2016年の前回大会では個人で4個、団体で2個の金メダルを獲得した。追加種目として実施される20年東京五輪に弾みをつけるため、林晃監督は「個人で最低5個」と金メダルの目標を掲げた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
    5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです