参院代表質問

プレミアム付き商品券、首相が前向きに検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2018年10月31日、川田雅浩撮影
参院本会議で代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2018年10月31日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は31日の参院代表質問で、来年10月の消費税10%への引き上げ後の経済対策として、購入額以上の買い物ができる「プレミアム付き商品券」を前向きに検討すると表明した。公明党の山口那津男代表が「所得の低い人を中心に支援を検討する必要がある」とプレミアム付き商品券の発行を提案。「指摘の趣旨を十分に踏まえ、具体的な内容を検討する」と応じた。

 首相は消費税10%超へのさらなる引き上げは「検討していない」と否定。米国との物品貿易協定(TAG)交渉に関しては「いかなる国とも国益に反するような合意を行うつもりはない」と強調した。日本など11カ国が参加して12月30日に発効する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が「これまで締結した経済連携協定の中で農産品について最も水準が高いものだ」と説明。農産品はTPPの水準を超えないとの条件で、米国と…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集