がん治療薬

オプジーボ、他社やらぬものを 小野薬品社長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える小野薬品工業の相良暁社長=大阪市中央区で2018年10月31日午後6時4分、猪飼健史撮影
インタビューに答える小野薬品工業の相良暁社長=大阪市中央区で2018年10月31日午後6時4分、猪飼健史撮影

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授との研究を基にがん治療薬「オプジーボ」を開発した小野薬品工業の相良暁社長が31日、毎日新聞の取材に応じ、「研究に携わることができ、(その成果を)我々が患者に届けられる巡り合わせに感謝している」と話し、本庶氏への謝意を示した。

 同社は、本庶氏らが免疫細胞の表面にあるたんぱく質「PD-1」が免疫のブレーキ役になっていることを発見した成果を基に、オプジーボを開発し、販売している。薬は本庶氏と特許を共同保有し、同社の業績も支える。

 同社は当初、がん領域の創薬経験がないうえ、中堅メーカーであることから開発に乗り出すまで時間を要したという。免疫療法への信頼性が低く、研究開発に熱心な同業者がなかなか見当たらない中で、「ユニークなものに焦点を当て、他社がやらないものをやろうとしてきた社の方針に合致した」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文646文字)

あわせて読みたい

注目の特集