メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療薬

オプジーボ、他社やらぬものを 小野薬品社長

インタビューに答える小野薬品工業の相良暁社長=大阪市中央区で2018年10月31日午後6時4分、猪飼健史撮影

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授との研究を基にがん治療薬「オプジーボ」を開発した小野薬品工業の相良暁社長が31日、毎日新聞の取材に応じ、「研究に携わることができ、(その成果を)我々が患者に届けられる巡り合わせに感謝している」と話し、本庶氏への謝意を示した。

 同社は、本庶氏らが免疫細胞の表面にあるたんぱく質「PD-1」が免疫のブレーキ役になっていることを発見した成果を基に、オプジーボを開発し、販売している。薬は本庶氏と特許を共同保有し、同社の業績も支える。

 同社は当初、がん領域の創薬経験がないうえ、中堅メーカーであることから開発に乗り出すまで時間を要した…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイス ピノがCMをやめた理由
  2. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. ORICON NEWS “冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ
  5. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです