大阪・豊中

住宅街近くにタヌキ生息 都市環境に順応

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪府豊中市刀根山の住宅街近くの雑木林にタヌキが生息している。鳥獣保護管理法では、狩猟の対象にもなっているが、道路の側溝をねぐらにするなど、都市の環境に順応して生きる様子がうかがえる。

 10月30日午後11時50分すぎ。雑木林から姿を現したタヌキに遭遇した。外来種のアライグマはしっぽが長く、しま模様があるが、しっぽは短く、模様もない。路上を小走りに動い…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集