メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・豊中

住宅街近くにタヌキ生息 都市環境に順応

 大阪府豊中市刀根山の住宅街近くの雑木林にタヌキが生息している。鳥獣保護管理法では、狩猟の対象にもなっているが、道路の側溝をねぐらにするなど、都市の環境に順応して生きる様子がうかがえる。

 10月30日午後11時50分すぎ。雑木林から姿を現したタヌキに遭遇した。外来種のアライグマはしっぽが長く、しま模様があるが、しっぽは短く、模様もない。路上を小走りに動い…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです