メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

利尻島のヒグマ「99%いなくなった」

北海道・利尻島の林道に設置された無人カメラで、6月に撮影されたヒグマ=北海道宗谷総合振興局提供

 北海道の利尻島で今年5月、106年ぶりに確認されたヒグマの対策会議が31日、利尻富士町で開かれた。7月12日を最後に生息跡が見つからず、「おびき寄せ作戦」でも姿を現さなかったことなどから、専門家は「島からいなくなった可能性が99%」との見解を示した。

     利尻島の海岸で5月30日、クマの足跡が見つかった。雄1頭で北海道本土側から泳いで渡ったとみられ、6月15日に林道を歩く姿が自動撮影カメラに映っていた。10月初めまで同カメラ前にハチミツ入りの容器を設置したり、関係者が餌となるドングリのなるミズナラの植生地やサケのふ化場などを見て回ったりしたが、痕跡は見つからなかった。直接の目撃例はなく、7月12日にふんや足跡が見つかったのが最後という。

     会議には同町や道宗谷総合振興局、道警稚内署などの担当者に加え、アドバイザーとして道立総合研究機構環境科学研究センターの間野勉・自然環境部長が招かれた。

     間野部長は「いなくなったとの立証はできないが、その可能性が99%」とした。死骸が見つかっておらず、北海道本土に泳いでいくなどして島を離れた可能性が高いという。

     「終息宣言」には至らず、パトロール終了の時期など今後の対策については利尻富士・利尻両町が話し合っていく。田村祥三・利尻富士町長は「(間野部長の見解に)ほっとした。長い5カ月だったが、遠くないうちに終息宣言も出せたらいい」と笑顔を見せた。【金子栄次】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです