メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

利尻島のヒグマ「99%いなくなった」

北海道・利尻島の林道に設置された無人カメラで、6月に撮影されたヒグマ=北海道宗谷総合振興局提供

 北海道の利尻島で今年5月、106年ぶりに確認されたヒグマの対策会議が31日、利尻富士町で開かれた。7月12日を最後に生息跡が見つからず、「おびき寄せ作戦」でも姿を現さなかったことなどから、専門家は「島からいなくなった可能性が99%」との見解を示した。

 利尻島の海岸で5月30日、クマの足跡が見つかった。雄1頭で北海道本土側から泳いで渡ったとみられ、6月15日に林道を歩く姿が自動撮影カメラに映っていた。10月初めまで同カメラ前にハチミツ入りの容器を設置したり、関係者が餌となるド…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです