メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

池江、合宿地トルコから帰国「弱い部分を再確認」

トルコ合宿を振り返る池江=東京都大田区の羽田空港で2018年10月31日午後4時29分、村上正撮影

 今夏のジャカルタ・アジア大会6冠で最優秀選手(MVP)に輝いた競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が31日、合宿地のトルコから帰国した。自由形、バタフライの計4種目で世界記録を持つサラ・ショーストロム(スウェーデン)と練習をともにし、「自由形ではレベルが違うと感じたが、バタフライはあまり差がないと感じることができた」と笑顔で振り返った。

 練習は、ショーストロムが普段行っているスプリント系のメニューが中心だったという。自由形では大きく離…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです