日本シリーズ

広島・鈴木が好調維持 2試合連続アーチ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-広島】四回表広島2死、鈴木が左中間越えに本塁打を放つ=ヤフオクドームで2018年10月31日、徳野仁子撮影
【ソフトバンク-広島】四回表広島2死、鈴木が左中間越えに本塁打を放つ=ヤフオクドームで2018年10月31日、徳野仁子撮影

 ○ソフトバンク4-1広島●(日本シリーズ第4戦=31日、ヤフオクドーム)

 苦しむ広島打線の中で、4番・鈴木が好調を維持している。2点を追う四回2死、「塁に出ることだけを考えた」という鈴木だが、外角高めの144キロを完璧にとらえて左翼席に運んだ。2本塁打を放った第3戦に続く2試合連続アーチで、早くも…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文226文字)

あわせて読みたい

注目の特集