メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

飯田橋「本家 あげづき」のとんかつは肉の旨みが溶け出すうまさ!

情報提供:まとメシ

数ある豚肉から選んでいるのは「旨み抜群。脂身の融点が低く、とろける食感で、甘みが一段深い」という「南の島豚」。この旨さを引き出すために、まずは低温でじっくり、仕上げに高温で二度揚げする。

本家 あげづき(最寄駅:飯田橋駅)

噛みしめて一杯。肉の旨みが溶け出す お待ちかねの仕上がりは衣は白め、断面は淡いピンク。噛みしめると、柔らかくも肉の旨みがガツンと前に出る。「ひと口目はぜひ塩で」というのも頷ける味だ。で、とんかつにぜひと推すのが燗酒。「熱々のとんかつにはやはり燗で。酸度の高い、キレのいいお酒を」という相性抜群の酒が揃う。揚がるのを待つ間に一杯、揚がったとんかつでさらに一杯がまた至福だ。

特ロースカツ 2322円

店主が惚れた「南の島豚」は宮崎県の永田種豚場で飼育される希少豚。噛みしめるにつけ幸せ!

お手製ポテトサラダ 594円

クリーミーにマッシュされたポテサラや春菊のごまだれ和えなど“カツ前”にぴったりなつまみも充実。

自家挽きメンチかつ 432円(1個)

肉汁じゅわ~の自家挽きメンチ。熱々を頬張る旨さはこれも見逃しがたい

日置桜 生酛純米 一合1026円

純米や生酛、山廃を中心に燗映えする銘酒が揃っている。すっと脂を流し、旨みを増幅

生酛のどぶ 一合1026円

お店からの一言

スタッフ 三本秀之さん

「じっくり時間をかけて揚げてます」

本家 あげづきの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル地下1階 [TEL]03-6265-0029 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~22時半(22時LO)、土・日・祝11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時半(22時LO、日・祝20時半LO)※ランチタイム有 [休日]火・第3水 [席]全28席/一部喫煙可/予約夜のみ可/カード平日ランチ以外可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-6265-0029
2018年3月号発売時点の情報です。

関連記事

練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)
白金高輪で高級銘柄「プラチナポーク」!『白金 大五』
門前仲町で桃色断面の肉厚トンカツを食す!『洋食かつ 兎』
衣が旨い!肉が旨い!創業47年の名物カツ-千駄木『とんかつ みづま』
豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです