メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップル

最高益 売上高19%増、7兆円 7~9月期

 【ワシントン中井正裕】米アップルが1日発表した2018年7~9月期決算は、売上高が前年同期比19・6%増の629億ドル(約7兆円)、最終(当期)利益は同31・8%増の141億ドルとなった。7四半期連続の増収増益で、7~9月期としては売上高、利益ともに過去最高だった。18年9月期の通期決算も売上高、利益とも過去最高を記録した。

 売り上げの6割を占めるスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の世界販売台数は7~9月期で4688万9000台と同0・5%の微増だった。ただ、昨年11月投入した高級機種「10(テン)」が販売単価を押し上げ、アイフォーン全体の売上額は29%増加。米国、欧州、中国、日本など主要市場で2桁の増収となった。アップルは中国で多くの製品を製造しているが、7~9月期決算で米中貿易戦争の大きな影響はなかっ…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです