メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

映画「散り椿」大ヒット公開中 美しい映像、殺陣

[PR]

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     全国で大ヒット公開中の映画「散り椿」(毎日新聞社など製作委員会)。第42回モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した本作品は、木村大作監督の映像美と主演・岡田准一の殺陣の美しさなどが、多くの俳優から称賛されています。日本の美に迫る作品をぜひご覧ください。

     公式ホームページ(http://chiritsubaki.jp/)

    名優、絶賛

     「輝く、美しい大自然に育まれ懸命に生き、生かされている人間の生き様、苦しくも、悲しくも、切なくもある。それを乗り越え、力強く突き進む主人公の息遣いを感じながら、有るがままを受け入れ、人を思いやるその心の深さ、優しさに感動。ロマン溢(あふ)れる時代劇の醍醐味(だいごみ)を満喫させてくれる素晴らしい作品だ!」(北大路欣也)

     「新兵衛と篠と采女の間に通い合う感情は、武士の家を描きながら決して狭い「お家」に留(とど)まらない、人間の普遍的な愛のひとつの形を提示した作品だったかと思います。スクリーンにあふれる静と動のリズム、四季折々の自然の息づかい、そして、その中にある人の心の奥深い佇(たたず)まいなどが、絶妙なカメラワークで捉えられていました。良い仕事をしましたね」(仲代達矢)

     「木村大作さんの映像がとても素晴らしかったです。武士の矜持(きょうじ)、そして人の気持ちの動きが繊細に描かれていて、男と女、男と男の心に秘めた深い愛に感動しました」(岩下志麻)


    原作=葉室麟(角川文庫刊)

    監督、撮影=木村大作

    脚本=小泉尭史

    音楽=加古隆

    美術=原田満生

    録音=石寺健一

    殺陣=久世浩、

    出演=岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二


     t.jigyou@mainichi.co.jp

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    3. 「お試し100円」で定期購入契約 「財宝」に是正指示

    4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです