メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 前代未聞の大ヒットになった「カメラを止めるな!」(興行収入30億円を超える見込み)に、まるで引き寄せられたかのように、今年後半から異例のヒットが続く。いずれも、従来のヒットの方程式からはみ出した作品ばかりだ。映画観客の意識の変化を強く感じざるをえない。

 米映画の「search/サーチ」も、その1本だ。10位だからといって、当たっていないわけではない。スクリーン数は60。劇場数が少ない限定公開の興行としては大健闘だ。スタートがこの数で、…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. 錦織が4強入り フチョビッチ破る ABN・AMROワールド

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです