メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

奈良市など(正岡子規の句「柿くへば--」) 正岡子規研究所主宰・正岡明さん(73)

「理想の庭」ゆかりの地に具現

 私は子規の妹、律の孫に当たります。およそ30年前から奈良に住んでいます。

 庭園設計が専門で、2006年に「子規の庭」を手がけました。かつて對山樓の主人の家があった場所で、そこを整備した際に大きな柿の木が見つかりました。樹齢120年以上とみられ、子規が宿泊した際にはすでにあったはずです。随筆に登場する御所柿ではなくトヨカ柿でしたが、この立派な…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです