メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常総市

手数料徴収ミス 総額107万円超 免除扱い規定知らず /茨城

 常総市は31日、公的な補助を受ける際の非課税証明書や戸籍謄本などの交付について、本来不要な手数料を長年にわたり誤って徴収していたと発表した。確認が可能な2013年度からの誤徴収総額は3331件、107万3700円に上る。職員が条例の免除扱い規定を知らなかったことが原因という。

 市によると、学用品などの購入を補助する「就学援助費」の申請には世帯の非課税証明書や課税証明書、一人親家庭のための「児童扶養手当」の申…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです