メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季節

秋深まる 落ち葉踏む音 水戸・いちょうまつり/年賀はがき販売開始 /茨城

 澄み切った青空が広がる「秋晴れ」に恵まれた1日、公園や街路のイチョウは黄金色に色づき、街では人々の足音や話し声とともに、落ち葉を踏みしだく音が聞こえ、秋の深まりを感じさせた。そんな中、水戸市緑町2の県立歴史館の庭園では「いちょうまつり」が開幕。全国の郵便局では、早くも2019年の年賀はがきの販売が始まった。【韮澤琴音】

 同館の庭園には約60本のイチョウが植えられ、このうち45本が長さ約130メートルの並木道を形作って…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです