メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県行徳野鳥観察舎

解体へ 耐震強度不足 市川市、新たに建設 /千葉

 野鳥観察や環境学習の場として利用され、今年4月1日に耐震強度不足で廃止になった県行徳野鳥観察舎(市川市福栄)の解体工事が今月上旬にも始まる。県は建て替えをしない方針を示しており、県に存続を求めてきた市川市が主体となって新しい観察舎を建設運営する意向だ。2020年度の早い時期の完成を目指している。【小林多美子】

 現在の観察舎は県の「行徳鳥獣保護区」の一角に1979年に建設された。鉄筋3階建て延べ床面積605平…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表へ 日本の反発は必至
  5. 障害者 車いすでワイン試飲「拒否不当」 百貨店を提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです