メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県行徳野鳥観察舎

解体へ 耐震強度不足 市川市、新たに建設 /千葉

 野鳥観察や環境学習の場として利用され、今年4月1日に耐震強度不足で廃止になった県行徳野鳥観察舎(市川市福栄)の解体工事が今月上旬にも始まる。県は建て替えをしない方針を示しており、県に存続を求めてきた市川市が主体となって新しい観察舎を建設運営する意向だ。2020年度の早い時期の完成を目指している。【小林多美子】

 現在の観察舎は県の「行徳鳥獣保護区」の一角に1979年に建設された。鉄筋3階建て延べ床面積605平…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです