メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模テロ想定訓練

39機関連携 南砺で400人 /富山

訓練で、化学物質サリンが入ったと想定したペットボトルを回収する防護服姿の富山県警の職員=富山県南砺市の同市福野体育館で、鶴見泰寿撮影

 国や県は10月31日、南砺市内で、猛毒の化学物質による大規模テロを想定した訓練を行った。県警、消防、自衛隊、医療関係など39機関約400人が参加。有事の際に連携して迅速に対応できるように確認し合っていた。

 訓練はバスケットボールの国際試合で、国際テログループが会場に化学物質サリンを散布した、という…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです