メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模テロ想定訓練

39機関連携 南砺で400人 /富山

訓練で、化学物質サリンが入ったと想定したペットボトルを回収する防護服姿の富山県警の職員=富山県南砺市の同市福野体育館で、鶴見泰寿撮影

 国や県は10月31日、南砺市内で、猛毒の化学物質による大規模テロを想定した訓練を行った。県警、消防、自衛隊、医療関係など39機関約400人が参加。有事の際に連携して迅速に対応できるように確認し合っていた。

 訓練はバスケットボールの国際試合で、国際テログループが会場に化学物質サリンを散布した、という…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです