メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横断歩道

一時停止を 取り締まり件数1150件、前年同期比3倍に 県警が「シマシマ月間」開始 /岐阜

歩行者優先が希薄

 横断歩道で車を一時停止させなかったために取り締まりを受けた件数が、9月末時点で約1150件に上った。前年同期比で約3倍に増加しており、道路交通法で定める横断歩道で歩行者の通行を妨げないという運転義務への意識低下が著しい。そのため、県警は11月を横断歩道のしま模様から「シマシマ月間」と名付け、歩行者を守るための取り締まり活動を開始した。「横断歩道は歩行者優先」と、ドライバーに再認識してもらうことが狙いだ。【沼田亮】

 「横断する人と目を合わせるアイコンタクトセーフティーを心がけてください」。シマシマ月間が始まった1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです