メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖博物館

空中から森を観察 樹冠トレイル完成 あすから一般公開 草津 /滋賀

縄文時代や弥生時代を再現した森の中にできた空中遊歩道=滋賀県草津市下物町の県立琵琶湖博物館で、諸隈美紗稀撮影

 県立琵琶湖博物館(草津市下物町)に森を高所から散策する空中遊歩道「樹冠トレイル」が完成し1日、報道関係者に公開された。琵琶湖沿いに再現した縄文時代や弥生時代の森を、全長約150メートル、高さ約10メートルの遊歩道で巡る。第2期リニューアル計画の一環で、第2期分はこれで完了になる。一般公開は3日。

 リニューアル計画は琵琶湖博物館が設立20年を迎えた2016年に始まり、第1期は水族展示室とC展示室を一新。第2期は、子ども向け体験スペース「ディスカバリールー…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです