メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信楽たぬきの日

タヌキづくし 催し楽しんで 腹鼓大会や特別列車 甲賀 /滋賀

「信楽たぬきの日」をPRする奥田隆次実行委員長(左)と信楽町観光協会マスコットキャラクターの「ぽんぽこちゃん」=滋賀県甲賀市役所で、礒野健一撮影

 信楽焼のタヌキの魅力を広めようと「信楽たぬきの日」の11月8日に合わせたイベントが、甲賀市信楽町の各所で開かれる。

 信楽焼のタヌキは、大きな目や腹、徳利(とっくり)、笠(かさ)など八つの共通する特徴を「八相縁起(はっそうえんぎ)」として吉兆のシンボルとしている。信楽町観光協会は2012年に「いい八」と読める11月8日を「たぬきの日」に制定、観光促進に努めてい…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです