メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県高校駅伝

都大路懸け決戦 男子40校、女子30校 篠山で4日号砲 /兵庫

 男子第73回、女子第35回県高校駅伝競走大会(県高体連など主催)が4日、篠山市で開かれる。県内7地区の予選を経た男子40校、女子30校が参加。12月23日に京都市である男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)への出場を懸けて競う。

 男子は午前10時10分、女子は同20分に大正ロマン館前をスタート。男子は7区間42.195キロ、女子は5区間21.0975キロのコースを走り、篠山鳳鳴高校でフィニッシュする。

 優勝校を含む男女上位6チームは、18日に大阪府能勢町である男子第69回、女子第34回近畿高校駅伝競走大会に出場する。女子は、全国大会が記念大会のため、近畿大会で各府県1位校を除く最上位になれば全国大会の出場権を得る。【黒川優】

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです