メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 きょう号砲 「感動の走りする」 諫早・平岡主将が選手宣誓 /長崎

[PR]

 男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選開会式が1日、雲仙市小浜体育館であった。出場する男子40校、女子27校の選手約600人が参加。女子で24連覇を目指す諫早の平岡美紀主将(3年)が選手宣誓し、「仲間を信じ、すべての方々への感謝を忘れず、1本のたすきに思いを込め、感動を与えられる走りをする」と述べた。

 レースは2日、雲仙市小浜町の石合公園前を発着点に、海岸沿いを南に走って折り返すコースであり、女子(5区間21.0975キロ)は午前10時、男子(7区間42.195キロ)は午後0時20分にスタートする。【近藤聡司】

〔長崎版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです