入管法改正案

外国人労働者、受け入れ上限設けず 法相答弁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 山下貴司法相は1日の衆院予算委員会で、外国人労働者受け入れ拡大のための在留資格新設を柱とする入管法改正案に関し、受け入れ人数の上限は設けない方針を示した。受け入れ見込み数は「法案審議に資するよう精査する」と述べ、改正案が実質審議入りする時期にも公表する可能性に言及した。一方、主に途上国の外国人が対象の「技能実習制度」で来日した技能実習生のうち、今年1~6月に4279人が失踪したことも明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集