メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと半年/下 天皇と元号、分離図る政府 GHQ圧力から続く苦心

元号を平成に改める政令の書類に署名される天皇陛下=宮殿の鳳凰の間で1989年1月7日(代表撮影)

 旧憲法で「統治権ヲ総攬(そうらん)」する元首だった天皇は、新憲法で「国政に関する権能を有しない」象徴となった。一方で「天皇が時間を支配する」観念に基づく元号は維持され、政府は整合性に苦心し続けてきた。

 象徴に沿った元号法制化は、終戦翌年に試みられていた。吉田茂内閣は1946年11月8日に「元号は、政令で、これを定める」とした法案を閣議決定。旧憲法下で明記された天皇の手続きへの関与は記さなかった。その5日前に新憲法が公布されており、政府も模索の最中だった。

 ストップをかけたのが日本占領中の連合国軍総司令部(GHQ)だ。日本側とのやり取りが国立国会図書館に…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです