メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古工事再開 政権、選挙影響回避狙う 土砂投入時期離し

 安倍政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を再開した背景には、来春の衆院沖縄3区補選や夏の参院選への悪影響を抑えるため、最大の焦点である土砂投入の時期をできるだけ選挙から離す狙いがある。移設に反対する沖縄県の反発も織り込み済みで、防衛省は11月中にも辺野古沿岸部での土砂投入に踏み切る構え。玉城デニー知事が求める「対話」に応じる気配は乏しい。【木下訓明】

 「移設が実現すれば(米軍機の)飛行経路が海上になり、安全性は格段に上昇する。騒音も大幅に軽減する」

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文634文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです