メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 岐路に立つ介護保険

=根岸基弘撮影

 1989(平成元)年に65歳以上の高齢者が人口の11.6%だった日本。その後、高齢化が急速に進み、今や30%に迫る超高齢社会だ。急増する高齢者を社会全体で支えようと、2000年に介護保険が始まったが、増大する社会保障費が国家財政を圧迫している。高齢者介護にどう向き合うべきか。介護保険の生みの親の一人、堀田力・さわやか福祉財団会長(84)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3514文字(全文3699文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです