メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 岐路に立つ介護保険

=根岸基弘撮影

 1989(平成元)年に65歳以上の高齢者が人口の11.6%だった日本。その後、高齢化が急速に進み、今や30%に迫る超高齢社会だ。急増する高齢者を社会全体で支えようと、2000年に介護保険が始まったが、増大する社会保障費が国家財政を圧迫している。高齢者介護にどう向き合うべきか。介護保険の生みの親の一人、堀田力・さわやか福祉財団会長(84)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3514文字(全文3699文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです