メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

日中首脳会談を取材して 関係改善ゆっくり着実に=浦松丈二 中国総局(北京)

 日中平和友好条約の締結40周年に合わせ、安倍晋三首相が先週、訪中した。日本の首相の中国公式訪問は7年ぶりだった。5月には李克強首相が訪日しており、日中両首脳の相互訪問が復活したことになる。2012年に沖縄県・尖閣諸島の「国有化」と中国での反日デモの嵐で戦後最悪レベルに落ち込んだ両国の関係が、ようやく正常な軌道に戻った。日中関係が再び急降下することを避けるため、今度こそ、双方の知恵が試されている。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです