メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

日中首脳会談を取材して 関係改善ゆっくり着実に=浦松丈二 中国総局(北京)

 日中平和友好条約の締結40周年に合わせ、安倍晋三首相が先週、訪中した。日本の首相の中国公式訪問は7年ぶりだった。5月には李克強首相が訪日しており、日中両首脳の相互訪問が復活したことになる。2012年に沖縄県・尖閣諸島の「国有化」と中国での反日デモの嵐で戦後最悪レベルに落ち込んだ両国の関係が、ようやく正常な軌道に戻った。日中関係が再び急降下することを避けるため、今度こそ、双方の知恵が試されている。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2026文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです