メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任1年半、審判は

第45代米大統領への就任を宣誓するトランプ氏。右はメラニア夫人=AP

 11月6日投開票の米中間選挙は、「米国第一主義」を掲げてきたトランプ政権が初めて迎える国政選挙だ。米国民の審判を受ける昨年1月の政権発足後の政策を振り返った。【福永方人、高木香奈】

国際協調より国内重視 外交・安保

 「グローバリズムの思想を拒絶し、愛国主義に基づき行動する」(今年9月25日の国連総会一般討論演説)

 トランプ大統領は就任直後から、米国の行動を「縛る」国際的な取り決めや枠組みを次々に拒否していった。…

この記事は有料記事です。

残り2212文字(全文2419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです