メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

景気後退への対応策はなくなっている=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 巨大な技術革新のITが新たな産業のエンジンとなっていることと、過剰な債務による金融財政政策が支えとなって、世界経済は曲がりなりにも成長を持続している。だが、これだけ長い間、超低金利と量的緩和が続くと、財政破綻を忘れ、右肩上がりの株価に慣れてしまっているようだ。

 最近の下落相場を見ると、次の景気後退期にはどんな対策があるのかと不安に襲われる。米国は利上げを続けているが、次の後退期に対応できるほどではない。米連邦準備制度理事会(FRB)の見通しに沿って政策金利が引き上げられても、2020年に3~4%程度である。景気後退期の引き下げ余地は極めて限られる水準だ。一方で既に膨大…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです