メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

西山勝夫さん=「15年戦争と日本の医学医療研究会」事務局長

西山勝夫(にしやま・かつお)さん(76)

 「戦争に協力した医学関係者の過ちを繰り返させたくないのです」

 戦時中に中国人捕虜らへの人体実験を重ね、細菌兵器などの開発を進めた旧日本軍「731部隊」の調査・研究にこの20年間、取り組んでいる。

 今年1月、国立公文書館とのやりとりの末、731部隊員ら約3600人の実名や階級、1945年当時の連絡先が記された名簿のほぼ全部開示にこぎ着けた。8月には、名簿に解説をつけた「留守名簿 関東軍防疫給水部」(不二出版)を出版した。

 米軍に研究成果を渡すことと引き換えに責任追及を免れた隊員も多いとされる。「全隊員の実名が明らかにな…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです