特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-稲葉陽八段 第18局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

2段階の歩

 「取っちゃうんでした?」。羽生が指摘したのは図で[先]5四銀[後]7七歩成[先]5三銀不成[後]同銀[先]7七金。後手を歩切れにさせる狙いもあるが、[後]5五銀から角を追われる手も残り「やっぱり自信がないですかね。本譜は仕方がなかったですか」。

 [後]4四銀は打たないと[先]5一銀[後]同玉[先]5三桂成が痛いため必然の手。のちに[後]4五銀~[後]6六桂の両取りも狙える。

 先手は何か手を作らねばならない。そこで[先]6四歩が好手。先に[先]6六歩と打つのは[後]5五銀打(参考図)が痛く、角が逃げれば[後]4六銀~[後]4五角で後手好調だ。本譜[先]6四歩に[後]5五銀打は[先]6五銀の反撃がある。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文703文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集