メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 70歳まで働く社会へと政府が取り組みを進める中、シニア社員の雇用が変化している。処遇を改善して戦力化を図るなど、これまでの日本型慣行を見直そうとする動きだ。

 ●収入減が不安

 大阪市の外国語専門学校講師、加藤憲司さん(62)は60歳定年を経て再雇用され、嘱託として働く。定年前は週5日で計12コマ(1コマ90分)の授業を担当していた。今は週4日で8~10コマをこなし、給与は手取りで41万円から17万9000円に減った。生徒の質問に対する回答や論文添削など、授業以外の仕事は以前と変わらない。だが、大きな収入減には不安が募る。

 週末、自動車で1時間半かけて実家を訪れ、両親の通院の介助や掃除、買い物をする。「少子高齢社会は高齢…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2170文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです