メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 70歳まで働く社会へと政府が取り組みを進める中、シニア社員の雇用が変化している。処遇を改善して戦力化を図るなど、これまでの日本型慣行を見直そうとする動きだ。

 ●収入減が不安

 大阪市の外国語専門学校講師、加藤憲司さん(62)は60歳定年を経て再雇用され、嘱託として働く。定年前は週5日で計12コマ(1コマ90分)の授業を担当していた。今は週4日で8~10コマをこなし、給与は手取りで41万円から17万9000円に減った。生徒の質問に対する回答や論文添削など、授業以外の仕事は以前と変わらない。だが、大きな収入減には不安が募る。

 週末、自動車で1時間半かけて実家を訪れ、両親の通院の介助や掃除、買い物をする。「少子高齢社会は高齢…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2170文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです