メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本シリーズ ソフトバンク5-4広島(その2止) タカ柳田弾で王手 折れてもサヨナラ

【ソフトバンク-広島】十回裏ソフトバンク無死、右越えにサヨナラ本塁打を放つ柳田=徳野仁子撮影

 聞き慣れない「バコッ」という異様な音が響いた。一瞬の静寂の後、満員の観客が沸く。延長十回、ソフトバンク・柳田が右越えにサヨナラアーチをかけた。バットを折られながらも、スタンドに運ぶ衝撃の一打で、激闘に終止符を打った。

 追い越し、追い越されの試合展開。何度も苦境に立たされていた。そんな時にチームを救うのが4番の役目だ。先頭として打席に入った延長十回。広島の抑え・中崎の内角低めのスライダーをたたいた。右翼テラス席に届いた打球に「『え?』となった」が、「(バットが折れての本塁打は)初めての経験なのでうれしい」と自らのパワーに驚きを隠せなかった。

 日本シリーズでの初本塁打。球界切っての長距離砲にとっては意外だが、毎年、シーズン終盤にけがに苦しめられていたことも一因にあった。それを克服しようと、打席での豪快なフルスイングの裏で、けがをしないように研究して細かに修正。9月末の西武戦後、しばらく安打が出ていなかった柳田は宿舎で一晩ほぼ寝ずにさまざまな選手の打撃フォームの動画を見続けた。かつて「ヒットの数だけ(フォームがある)。一緒ではない」と言…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです