メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・蜂屋遺跡

法隆寺と同じ瓦出土 聖徳太子ゆかりの寺跡?

蜂屋遺跡で見つかった忍冬文単弁蓮華文軒丸瓦=滋賀県栗東市で、望月亮一撮影

 滋賀県教委は1日、同県栗東市の蜂屋遺跡で、法隆寺(奈良県斑鳩町)の創建時の遺構「若草伽藍(がらん)」と中宮寺跡(同町)で出土したものと大きさや文様が全く同一の瓦が、全国で初めて見つかったと発表した。7世紀後半の飛鳥時代に両寺と密接な関係を持つ寺院が、栗東にあったとみられる。両寺とも厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子)と縁が深く、県教委は地方への仏教文化の広がりを探るうえで重要な発見としている。

 見つかった2点の瓦は「忍冬文単弁蓮華文軒丸瓦(にんどうもんたんべんれんげもんのきまるがわら)」。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです